みやざき地頭鶏について:JA日向のみやざき地頭鶏はヒナの生産から処理・販売までを全て一元管理しています

みやざき地頭鶏トップページ » みやざき地頭鶏について » 

みやざき地頭鶏について

みやざき地頭鶏とはみやざき地頭鶏の美味しさの秘密JA日向のみやざき地頭鶏は安心・安全

みやざき地頭鶏とは?

地頭鶏(じとっこ)とは宮崎県や鹿児島県で古くから飼育されていた日本在来種で、今では天然記念物に指定されています。
みやざき地頭鶏はこの天然記念物「地頭鶏」を原種鶏とし、宮崎県畜産試験場川南支場にて交雑種の開発が行われました。
平成10年には交配様式を確立し、平成16年に「みやざき地頭鶏」と名称を改めました。

みやざき地頭鶏の美味しさの秘密

JA日向の「みやざき地頭鶏」はヒナの生産から処理・販売まで全てJA日向が一元管理を行っています。

飼育期間

地鶏が孵化から80日以上されるのに対し、みやざき地頭鶏は雄は4ヶ月(120日)、雌は5ヶ月間(150日)という長い期間ストレスのない環境の中で手間隙と愛情を注がれて育ちます。

飼育方法

みやざき地頭鶏は初生後1ヶ月から平飼いされるため、ヒナは地面を自由に運動でき、身の締まった肉質になります。
平飼いとは…鶏舎内、又は屋外において、鶏が床面(地面)を自由に運動できるようにして飼育する方法。

ストレスのない飼育密度

地鶏が平米あたり10羽で飼育されるにのに対し、みやざき地頭鶏は平米辺り2羽以下で飼育されます。 飼育密度が低いため鶏にもストレスを感じさせることがありません。

地鶏(特定JAS規格)とみやざき地頭鶏の違い
みやざき地頭鶏 地鶏(特定JAS規格)
素ひな 50% 在来種由来の血液百分率50%以上で出生の証明ができるもの
飼育期間 雄は4ヶ月、雌は5ヶ月飼育 孵化日から80日以上飼育
飼育方法 平飼い 28日齢以降、平飼いで飼育していること
飼育密度 2羽以下/平 28日齢以降、1平米当たり10羽以上で飼育していること

こだわりの飼料


JA宮崎経済連と共同で研究試験を重ね、開発いたしましたJA日向独自のみやざき地頭鶏専用飼料を与えています。
脂肪の付着が少なく、弾力のある歯ごたえ、あふれ出るジューシーな肉汁の秘密がここにあります。

JA日向の一元管理だから安心・安全

JA日向の出荷するみやざき地頭鶏は、味や品質のばらつきをなくすため、すべての農場で統一された生産マニュアルを元に飼育されています。
ひなの生産から出荷(納品)までJA日向が責任をもって一元管理致します。
また最先端のトレーサビリティの導入により
「どこで生まれ、どこの、誰が、どんな飼料を与えて、育てたのか」
をご購入頂いた方にお知らせすることが出来ます。

© 2009 JA HYUGA.All Rights Reserved. | ホームへ | サイトマップ


ページの先頭へ戻る